MD5の使い方とインストール方法

MD5って何ですか?
難しい(数学の話)事を抜きにして簡単に言いますと, あるファイルの"指紋”を計算するプログラムです。
どんな目的に使うんですか?
簡単に言えば,デジタル署名に使います。
たとえば,あるファイルの指紋を控えておけば,何らかの手段で改ざんされたとき,そのファイルの指紋が変更されるため,改ざんされたことが分かります。
改ざんされたことが分かれば,そのファイルを信用しなければよいわけです。
具体例を示します。( "md5 -sstring" でstringの指紋を出力します)
ridge:~/security$ md5 -syasu/Ar
MD5 ("yasu/Ar") = b70158112c94cf3b6bc8089c367cc3fb
 
これは "yasu/Ar"という文字列の指紋をあらわしています。 では,つぎに "yasu/ar"という文字列の指紋を見てみます。
ridge:~/security$ md5 -syasu/ar
MD5 ("yasu/ar") = 85a8458410ec67893c384416c8deb2eb
 
明らかに,指紋が異なっていることが分かります。
実際の使用例は?
現在このMD5は"誰によって署名されたかわからない"ため, あまり使われることはありません。 しかし,たとえばftpサイトにおいてあるアーカイブが 変更されていないことを示すことを目的に使われることで, しばしば見かけます。(たとえば,CERTのFTPなど)
あるアーカイブと,同じディレクトリに,checksumなどのファイル名で, MD5で計算した指紋が保存されていることがあります。
インストールはどうやってするんですか?
まず,ソースを持ってきましょう。CERTのミラーが各地にありますので, そこから持ってくるといいと思います。 そのあとで,ソースを適当なディレクトリに 展開し,
 $make
 
だけで,コンパイルできると思います。
後は使ってみてください。
Linux Solutions yasu/Ar homepage