PGPをインストールして,遊びましょう.


まずはソースを持ってきましょう.

最新版は, NAISTにあるようです.
Unix用 Mac用 DOS用 日本語を使えるようにするパッケージ 98用
それぞれ必要なものをとってきてください.

UNIXのためのコンパイル方法

まずはソースの展開
%tar zxvf pgp263is.tar.gz
%tar zxvf pgp23-japanese.tar.gz
この後で,展開されてできたディレクトリに移動します.
次に,日本語が使えるようにパッチを当てます. srcディレクトリに移動した後で
% patch -p0 < fileio.c.patch-2.6.3i
でいいはずです.
config.txt がありますから,書き換えます.(頭から表示します.)
# Sample config.txt file for PGP 2.6.3i.
#
# Blank lines are ignored, as is anything following a '#'.
# Keywords are not case-sensitive.
# Whatever appears in here can be overridden on the command line,
# by specifying (for example) "+armor=on".

# MyName is substring of default userid for secret key to make signatures.
# If not set, PGP will use the first key on your secret keyring (the last
# key you created) if you don't specify the user with -u
# MyName = "John Q. Public"

# The language we will be using for displaying messages to the user.
#
# Available languages:
#   en = English (default)
#   es = Spanish, fr = French, de = German, it = Italian,
#   sv = Swedish, da = Danish, no = Norwegian, fi = Finnish,
#   nl = Dutch, pl = Polish, ru = Russian, el = Greek,
#   cz = Czech, ro = Romanian, hu = Hungarian, sr = Serbian,
#   br = Brazilian Portuguese, lt = Lithuanian, ja = Japanese
#
# Language modules may be obtained from:
#   http://www.ifi.uio.no/pgp/modules.shtml
#   ftp://ftp.ifi.uio.no/pub/pgp/lang/
#
# Languages not yet available:
#   ar = Arabic, iw = Hebrew, tr = Turkish, lv = Latvian, ko = Korean,
#   pt = Portugese, is = Icelandic, zh = Chinese, esp = Esperanto
#
# Most of these codes are the ISO 639-1988 2-letter "Codes for
# Representation of Names of Languages"
#
Language = jp
#
(まだまだ続きます)

この最後の行をjpとします.(デフォルトではen)
つぎにsrcディレクトリに移動します.そこで
%make linux
linux-68k,freebsd,os2などの場合は,それらのオプションをつけます.
次にやることは,テストです.
まず,自分のホームディレクトリに,".pgp"ディレクトリを作ります.
まず,公開鍵と秘密鍵のペアを作ります.なるべくならレベル3の暗号にしましょう. (テストですから,useridとpasswordは"test"にしましょう)
pgp -kg

つぎに,"keys.asc"鍵のリングに追加します.
pgp -ka keys.asc
キーを追加することにサインを求められたら,yesを答えましょう.
さらに,鍵のリングをチェックします.
pgp -kc

さて,今度は何か適当なファイルを暗号化してみましょう.
pgp -e hogehoge.txt test -o testfile.pgp

これを元に戻してみます.
pgp testfile.pgp
testfileができましたか?元のファイルと照合してみましょう.
ここまでうまく行ったら,インストールしましょう.
(展開したとこで)
#cp pgp /usr/local/bin
#cp *.hlp /usr/local/lib/pgp
#cp doc /usr/local/lib/pgp
#cp setup.doc /usr/local/lib/pgp
#cp pgp-jmsgs/* /usr/local/lib/pgp
こんなところでしょうか. (もしかしたら,"language.txt""jp.hlp"は~/.pgpにコピーした方がいいかも)
さて,後は使ってみてください.
15/Apr/1997
一つ上に戻る